愛犬がドッグフードを吐いてしまったとき、つい慌ててしまってどうケアすべきか迷ってしまうことはありませんか?

動物病院へ連れていくべき?元気そうなら留守番をさせても大丈夫?何か病気のサイン?
犬の嘔吐には2つの意味があり、2つの違いを知っておくとスムーズにケアをしてあげることができるようになります。

犬が吐くには生理現象と病的な理由との2種類があります

犬は簡単に吐き出すことができます

犬の嘔吐には2つの意味があり、1つは単なる生理現象で、人間のゲップに似た症状です。特別病的な意味はなく、無意識に起こるものです。

この嘔吐は、

・勢いよくドッグフードを食べてしまった
・大きなサイズの食べ物を飲み込み、喉や胃に不快感がある
・食べ物を飲み込んだ直後に激しく動き回った
・食事の直後に興奮してしまった

などのタイミングで起こります。

この嘔吐の特徴は、吐き出したものを愛犬が再度食べようとすることです。
再度食べようとする行動に驚き、愛犬を食い止めようとしてしまいがちですがこの行動をあえて制止する必要はなく、愛犬の行動に任せておきましょう。

また授乳中の母犬もたびたびドッグフードを吐きだすことがあります。この場合は、自分がいったん飲み込みある程度消化したものを吐き出し子犬に与えることで、離乳食の役目をさせるためです。

子犬はこの行動を繰り返すことで、次第に母乳以外の食べ物を食べることを覚え、離乳が進みます。
この場合の嘔吐も健康的な生理現象なのであえて母犬の行動を制限する必要はありません。

ただし、母犬はいったん食べたものを吐き出し子犬に分け与えているので、その分母犬の食事が不足してしまわないように十分な量の食事を用意してあげましょう。

犬の嘔吐には病的な理由が原因のこともあります。病的な嘔吐は適切な対処が必要になるので、その見分け方、ケアの方法を日ごろから意識しておいてあげましょう。

病的か生理現象かを見分けるポイントは?

犬の嘔吐が病的な原因に関係している場合、以下のような症状がみられます。

・吐き出したものに再度口をつけることをしない
・吐き出したものから遠ざかろうとする
・元気がない
・ぐったりとしている
・白や黄色の泡を吐く
・多量のよだれが出ている
・胃液だけを繰り返し嘔吐する
・血液が混ざっている
・咳、鼻水、発熱、下痢などの症状を伴っている

このような症状があったときは、嘔吐後3~6時間は飲食を控えましょう。日ごろ、置いてある飲み水の器は片付け、愛犬を安静に過ごせる場所に移動させます。
この間、散歩や激しい運動も控えましょう。

愛犬が繰り返しの嘔吐をしなければ、少量ずつ食事や飲水を再開しましょう。
再開したことで再度嘔吐してしまう場合は、早急に動物病院を受診しましょう。

犬は病的な理由で嘔吐をすることで体内に本来あるべき水分も一緒に吐き出してしまいます。何度も繰り返し嘔吐をしたり、嘔吐した量が多い場合あっという間に脱水症状を引き起こし、子犬や老犬であれば命の危険さえ招くほどです。

病的な嘔吐があったときは

・嘔吐時の様子
・どのようなものを嘔吐したのか
・繰り返しの嘔吐があるか

などのをしっかりと確認してあげましょう。

病的な嘔吐が起こる原因は?

犬が病的に吐いてしまう原因には以下があげられます。

・異物飲み込み
・胃の不快感
・食べ過ぎ
・消化不良
・胃腸のトラブル
・ガン
・伝染病

などです。
理由は様々考えることができるものの、家庭の判断ではどの程度の治療が必要か正しく判断できないこともあります。
繰り返し吐き出してしまう、毎食後に吐き出してしまうなどのトラブルがあるときは、早急に動物病院を受診しましょう。

動物病院を受診することで、応急処置をして吐き気止めを処方してもらうこともできます。愛犬を留守番させ仕事に出かけなければならない場合など、応急処置ができないことも考え、ひとまずは掃き出しだけでも抑制してあげるという処置も上手に活用しましょう。

生活のしやすさを第一に考えてあげよう

愛犬が高齢になると、胃腸の機能も低下し次第に食事を吐いてしまうことが増えるものです。そのようなとき、つい口の周りや胸のあたりが汚れてしまうこともあります。
愛犬にとって体から不快な臭いがすることは耐え難いストレスですから、このような症状がたびたびみられるようになったら、愛犬のカットスタイルを考えてあげるタイミングといえるでしょう。

日ごろから、口、胸のあたりの被毛を短くカットしましょう。トイプードルであれば、顔にバリカンを入れ、すっきりとしたカットスタイルがおすすめです。
生活のしやすさ、衛生面を第一に考えてあげましょう。

まとめ

犬は比較的簡単に食べ物を吐き出すことができる体質を持っています。ただ吐き出すことには2つの意味があるので、いずれに当てはまるのかは常に確認をしてあげましょう。

気になる症状があるときは早急に動物病院を受診しましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事