chili71 / Pixabay

トイプードルはとても運動量が多く、活発な犬種です。ただ骨格はとても華奢で先天的な骨格未形成を抱えている場合も少なくありません。愛犬の歩行時の様子に気になる症状がみられる時は、無理をさせないように早期に動物病院に相談をしましょう。

足をかばうように歩く場合に考えられる原因は?

トイプードルが歩行時に片足を軽く上げ跳ねるように歩く、足を引きずるように歩くという時には様々な原因が考えられます。代表的な原因を知っておくことで愛犬の症状を早期に改善してあげましょう。

膝関節に痛みを伴う膝蓋骨脱臼

トイプードルに多い骨格に関する以上に「膝蓋骨脱臼」という症状があります。膝にある皿状の骨が本来あるべき位置からずれ落ちる事で起こる脱臼症状です。

この症状が軽度であれば自然と元の場所に骨が戻り、歩行に支障がないこともありますが、症状が進行すると足を動かすだけでも激しい痛みを伴う事があります。

犬自身が痛みを軽減するために足を稼働させない、衝撃を与えないために足を上げながら歩行をすることがあります。

この症状は、加齢とともに悪化することが多いので、気にある症状があるときは早急に動物病院を受診しましょう。

垂直飛びが原因で起こる足の脱臼

トイプードルはとても運動量が多く、活発な犬種です。骨格も華奢でいつも飛び跳ねている印象があるでしょう。

特に飼い主に何かをねだるときやサークルに入れた時などは何度も同じ場所で後肢だけで立ち上がり、垂直飛びを繰り返します。

この垂直飛びは実は他犬種な大抵苦手とし、骨格の形状から何度も連続して飛び跳ねる事が出来ない事もあるほどです。

この垂直飛びは一見身軽に行っているようにも見えますが、着地の度に骨格に相当な衝撃があり、日常の習慣化してしまうと、次第に関節や膝を痛める事があります。
特に肥満気味な場合はその衝撃は危険ともいえるレベルです。

愛犬がこのような行動を習慣化してしまっている場合は、早急にサークルや日々のしつけの改善が必要です。

ソファーや階段に原因があることも

活発で運動神経が抜群なトイプードルは室内のいたるところを自由に飛びまわるでしょう。一見、問題なく行き来できているように見えていても、室内には危険が多々あります。

特に危険な箇所は階段やソファー、椅子です。一見軽々と昇降しているように見えていても、着地の度に足腰、関節に相当な衝撃がかかっています。

トイプードルの骨格は後肢は比較的強靭にできていますが、反面前肢は強い衝撃を受ける事を想定していないのでとても細く、華奢にできています。

階段から降りるとき、ソファーから降りるとき、必ず前肢に衝撃が加わっています。さらに着地の際に床が滑りやすい素材である場合、その衝撃はさらに追加されています。

気になる症状は病院でレントゲン検査を

運動量が多く、活発な気質をもつトイプードルにとって足の怪我、故障は相当なストレスになる上に、怪我を負っていても無理をした生活もしてしまいがちです。

もし愛犬が

・足をかばうように歩く
・片足を持ち上げるように歩く
・ウサギの様に後肢を伸ばしたまま飛び跳ねるように歩く
・歩く時、痛みを訴えるように鳴く

などの行動を見せる時は、早急な対処が必要というサインです。

動物病院を受診し、その原因を突き止めてあげましょう。

骨格、関節の治療は相当な費用とリハビリも含め長期的な取り組みが必要になります。もちろん治療、手術は愛犬への負担も生じさせます。

家族の生活リズム、愛犬の年齢、経済的な負担などを総合的に検討し、ベストな方法を見つけてあげましょう。

家族がすべき生活環境の改善策

トイプードルと暮らすうえで、生涯において何等かの骨格、関節に関する異常は必ず生じる問題です。

家族としてできる事は

・症状を発症させない
・悪化させない
・負担を軽減する

です。
中には先天的な形成異常もあり、完全な予防策は難しいものの、

・床材をすべにくい素材に変える
・階段の昇降はさせない
・ソファーを設置場所、昇降に注意する
・適度な運動をさせ、筋力を維持する

などの取り組みは必要であり、効果的な方法です。

トイプードルの足は健康、長生きの必須アイテムです

運動量が多く、活発な気質のトイプードルは時には過度な運動をしてしまい足を脱臼してしまう事もあります。

症状が数日で収まらずに継続する場合や通常とは異なる歩き方を見せる時は動物病院を受診し、異常を示している部位の確認と症状の程度を確認してあげましょう。

骨格が細く、華奢なトイプードルは日常生活において、思いもよらぬ怪我を負う事があります。ともに暮らすうえで、安全かつ負担が少ない環境を整えてあげる事で、高齢になってからも楽しく、元気に生活できるように心がけてあげましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事