pruzi / Pixabay

トイプードルは犬種の中でも被毛が抜けにくい犬種といわれていますが、何かしらの原因で被毛が抜けたり、薄くなったりする事があります。

その原因が疾患の場合や他の原因の場合があり、しっかりと対処をする必要があります。

今回は、トイプードルの抜け毛や薄毛の原因や対策について紹介していきたいと思います。

トイプードルの抜け毛や薄毛の原因

犬は基本的に春と秋に被毛が生え変わる換毛期があり、それ以外の季節でも日常的に被毛は抜けています。
ただ、トイプードルは被毛が抜けるサイクルが他の犬種よりも長いので、その間にカットやブラッシングによって無駄な被毛が取り除かれるのであまり被毛が抜けないといわれています。

そんな被毛が抜けにくいトイプードルですが、被毛が抜けたり、薄毛になったりする場合の原因としてはいくつか考えられます。
被毛が抜けたり、薄くなっている場合には何らかの健康被害が出ている危険性があるので、トイプードルの被毛が抜けていたり、薄い場合にはすぐん位対処をする必要があります。

まずは抜け毛や薄くなっている部分がどこかを把握する事が大切です。抜け毛や薄毛は場所や形状によって原因が違ってきます。
また、痒みがあるかや湿疹、発赤などの異常がないかも把握しておくと動物病院での診断を下す際の手助けとなります。

顔や肢、湧き、背中の被毛が抜けていたり、薄くなっている場合にはアレルギー性皮膚炎が疑われます。また、全身に紅反が発現する場合もあります。

お尻から背中にかけて抜けていたり、薄くなっている場合にはアレルギーの1つですが、ノミアレルギーの疑いがあります。特に尻尾の付け根や腰の周りの被毛が抜けている事が多いようです。

頭と肢以外の体の被毛が左右対称に抜けた場合には副腎皮質機能亢進症の危険があります。また、肢を中心に左右対称に被毛が抜けたり、背中とお腹の被毛が左右対称に抜けている場合には甲状腺機能低下症が疑われます。

円形に抜けている場合には皮膚真菌症が疑われます。初期段階では円形に抜け始めて全身へと広がっていきます。
皮膚真菌症の場合には抜けているというよりは切れている事が特徴です。これは信金の法師が被毛の根元へと付着して毛根の中に侵入して、被毛が脆くなるためです。

全身に広範的に被毛が抜けている場合には膿皮症が疑われます。
皮膚が発赤したり、発疹や強い掻痒感が起こる為に犬自身が噛んだり、引っ掻いたりする事によって被毛が抜けてしまいます。

これ以外にも性ホルモンの異常やビタミン、ミネラルの不足、ストレス、ステロイド剤の使用などがあります。

トイプードルの抜け毛や薄毛の対策

抜け毛や薄毛といっても様々な原因があるので、対策もその原因によって変わってきます。従って、まずは原因の特定をしていきます。

アレルギー性皮膚炎の場合には、アレルゲンの特定を行い、それを取り除いていきます。アレルゲンは様々あり、食べ物であったり、ハウスダスト、花粉、ダニ、真菌などであったりがアレルゲンとして考えられています。

アレルギーはアレルゲンされ取り除けば症状は軽減していきます。なので、原因を特定した場合にはそのアレルゲンを犬の飼育環境から取り除いていきます。

ノミアレルギーの場合も飲みがいないような清潔な飼育環境を作り出す事が重要です。また、散歩などから帰ってきた場合にはブラッシングを習慣化して常にトイプードル自体も綺麗にしておくようにします。

他の疾患が原因の場合には動物病院で適切な治療を施して、原因となっている疾患の治療を施します。

ストレスが原因の場合はストレスの原因があるはずなので、まずは原因を特定し、取り除いたり、改善するようにしていきます。

食生活を見直す

食べ物がアレルゲンの場合や栄養に偏りがある為に抜け毛や薄毛を引き起こしている場合にはドッグフードを見直してみましょう。

アレルゲンが使用されていないドッグフードに切り替えたり、しっかりと必要な栄養が含まれているものに切り替えていきます。

抜け毛や薄毛をサプリメントで改善する

オメガ3脂肪酸やビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどは被毛や皮膚の状態を健康的に維持するのに効果があるとされる栄養です。

ドッグフードの中にはこれらの栄養が含まれているものもありますが、不足がちになりやすい栄養なので、サプリメントで補給すると抜け毛や薄毛には効果的です。

仔犬の抜け毛は平気?

仔犬は成犬に比べて免疫力が低い為に疾患に罹患しやすくなったりします。なので、仔犬の場合でも抜け毛や薄毛は問題があります。

トイプードルの仔犬で抜け毛や薄毛が起こっている場合でも原因の特定をして適切な対処を行うようにしましょう。

まとめ

トイプードルは被毛が抜けにくいタイプですが、疾患やホルモンの異常、食餌などが原因によって抜け毛や薄毛が起こる危険性があります。

食生活の見直しや治療、サプリメントなどによって皮膚の状態や被毛の状態を健康的に保つようにする事で抜け毛や薄毛は改善する事ができます。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事