TrzykropkiCOM / Pixabay

トイプードルのサイズはどこまでが許容範囲?うちの子は本当にトイプードルなの?と不安に感じることがあります。ここでは実際のトイプードルのサイズと成長に伴う体重の推移についてご説明させていただきます。

JKC登録サイズがトイプードルの基準値

国内では犬の血統証発行をJKC(ジャパンケンネルクラブ)がほぼすべてを担っています。JKCでは血統証発行にあたりすべての犬種の標準的なサイズを規定し、その規定に基づきドッグショーでの採点なども行っています。
JKCの登録によると、トイプードルのサイズは
「体高 24cm~28cm(理想は25cm)。-1cmまで許容される」と規定されています。
このサイズは体重にすると3~3.5㎏ほどに収まるほどです。
ただあくまでも健康的な発育状態にあることが前提となるので、小さいほど犬としての評価が高いということではありません。

大半のペット犬はサイズオーバーぎみ

実は日本でペットとして飼育されているトイプードルの多くはJKCの規定サイズには収まっていません。ただ血統証は子犬の誕生後即日からでは申請が可能なので、あくまでも両親のサイズをもとに申請が出来、将来どのようなサイズになってもトイプードルとして付与されています。

サイズオーガーが当たり前になっている理由

日本では小型犬は大半が規定サイズをオーバーし、中大型犬は規定のサイズに届かないという状態がここ数十年継続しています。また小型犬を極度に小型化する傾向も強まっています。
なぜこのような問題が起きているのかというと、日本特有のペットブーム、生体販売の方法が関係しています。
特定の犬種に人気が集まると、一時期に購入希望者が殺到し、販売価格が数倍にまで跳ね上がります。でも日本のブームはとてもサイクルが早く、数年でその人気も衰えます。人気が最高潮にあるタイミングで出来る限り多くの子犬を輩出するためには、より大柄な体形の犬を繁殖に用いる必要があります。
トイプードルの繁殖においても、本来は3kgほどの個体を親とすべきところを、5㎏、8㎏と大柄なサイズを用います。3㎏で繁殖をさせた場合、誕生する子犬は1頭が標準ですが、母体が大きくなれば、3頭、5頭と誕生することも珍しくありません。
その結果、トイプードル全体のサイズがオーバーサイズになり、本来の形質から離れてしまうのです。

極端な小柄サイズは未発達、発育不全の可能性も

現状、JKCの規定ではトイプードルをプードル種の中でも最小サイズと規定しています。そのため、市場で話題を集めるティーカッププードルやさらに小さなサイズのプードルもみな血統証上はトイプードルに分類されています。
犬が健康に発育をし、生涯を終えるにはある程度の骨格が必要です。あまりに小柄な場合、短命、先天性疾患、発育不良など何等かのトラブルを抱えていることもあるので、無条件に小柄で或ることを高評価してはいけません。

トイプードルの発育目安

トイプードルは生後一年ほどで発育期を終え、成犬となります。その間の成長の目安、注意点は以下の通りです。

生後3カ月

この時期、徐々に乳歯の生え変わりが始まり歯茎のむずがゆさを感じるようになります。胃腸の発育もしっかりと進み、日々の食事はふやかしをしないドライフードをしっかりと食べることが出来るようになります。
体重は生後50日ごろの1.5倍ほどになるでしょう。この時期の食欲旺盛、ぽっちゃりとした体形は今後の成長で次第に解消されるので、目安以上に体重があるからなどと心配し食事の量を減らす必要はありません。

生後4カ月

生後4か月を迎えると、散歩にも出かけるようになり、運動量が増え次第に筋肉も増加します。体重は生後50日ごろの2倍ほどにもなるでしょう。この時期まだまだ骨格の成長が続く大切な時期です。良質で健康的な食事をしっかりと与えましょう。

生5カ月

生後5か月を迎えると、中にはほぼ体格面での変化がみられなくなり、骨格面での発育が止まる場合もあります。ただこの時期以降、生後一年ほどまでの間は筋肉や脂肪の量が増え、骨格サイズはかわらないものの体重は増えていきます。
この時点でトイプードルの規定サイズをオーバーしたからといって無理な食事制限をすると、将来の健康に影響が出る場合もあります。生後8か月ごろまでは栄養価の高い子犬用フードを与えましょう。

サイズコンプレックスはデザインカットで工夫を

トイプードルの子犬を育てる中で、成長と共にそれぞれの将来のサイズが見えてくると、オーバーサイズになってしまう事を残念に感じたり、心配をすることもあるでしょう。そのような時、食事制限をすると成長を止めることが出来る、オーバーサイズを予防出来るという情報もありますが、完全な誤りです。間違った食事制限は低血糖を引き起こし子犬の命を危険にさらすことにもなります。

プロのトリマーの世界やドッグショーの世界では、トイプードルのカットラインを数㎜単位で調整し、体のラインの欠点を修正するテクニックを施します。たとえオーバーサイズであっても、我が子の個性ととらえ、いろいろなカットデザインを楽しむことで見方を変えてみてください。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事