chili71 / Pixabay

愛犬が嘔吐をした時、病気?自宅療養で治る?病院に行くべき?と何かと不安になるものです。犬の嘔吐の基礎的な仕組みを知っておくと、突然の出来事に慌てずに対処が出来ます。

突然に嘔吐に驚いてしまわないように嘔吐の仕組みを知っておきましょう

犬は体の構造上、意外に簡単に胃の内容物を吐き出すことが出来ます。特に離乳期の子犬を育てる母犬は自分が一旦飲み込んだものを吐き出す、子犬に離乳食として食べさせることもあります。
ただ嘔吐には健康上問題のない嘔吐と病的な理由がある嘔吐とがあるので、その見極め方を知っておきましょう。

健康上問題のない嘔吐

健康上問題のない嘔吐が起こるタイミングは食事の直後です。勢いよく食べ物を食べたり、食べた直後に激しく動いたりすることで、条件反射的に嘔吐が起こります。この嘔吐に病的な理由がないと判断する根拠は、嘔吐物を愛犬が再度食べようとすることです。
例えばドライフードを与えている場合、ドライフードは胃の中に入ると胃液を吸収し急激に膨張し、数倍にも膨れます。
また粒が喉に詰まることもあります。このような場合、一旦吐き出すことで再度ゆっくりと落ち着きをもって食べ直しをします。
このように自分が吐き出したものに再度口をつける場合は、健康な証拠です。
家族としては生理的に嫌悪感を抱く行為ですが、あえてドッグフードを片づけたり、愛犬を遠ざける必要はなく犬の生理現象の一つと捉えてあげましょう。

病的な理由が考えられる嘔吐

一方で病的な理由が関係している嘔吐は、愛犬が吐き出したものから遠ざかるようにすることです。
吐き出したものを隠そうとするこや伏し目がちに飼い主を見上げることもあるでしょう。
このような場合、愛犬を別の場所に移し、安静にさせてあげましょう。

よく見らえる嘔吐の種類を吐瀉物から見極める

愛犬が吐き出したものを観察すると、ある程度その原因を突き止めることが出来ます。動物病院を受診する時にも、どのようなもの、どのくらいの量で吐き出したかを的確に伝えることが出来れば診察がスムーズに進みます。

ドッグフードを食べ嘔吐

ドッグフードを吐き出す場合、消化不良、ドッグフードの成分による原因などが考えられます。市販の製品の中には動物性たんぱく質の配合量が多く嗜好性が高い代わりに、脂肪分、添加物の多い製品も多々あります。このような製品を食べなれていない場合や高齢の場合、体が食べものを受け付けずに吐き出してしまう事があります。

消化不良による嘔吐

愛犬のためにと手作り食を与えている場合、素材の一部を未消化のままで吐き出すことがあります。このような場合は、今後の利用を控えたり、より小さく刻む、スムージー状にして混ぜるなど消化吸収に負担のかからない方法に改善してあげましょう。

白い泡を吐く

白く泡だった液体は胃液を吐きだしている状態です。急激なストレス、慢性的なストレス、過労、消化不良、長時間の空腹などが原因です。
原因そのものを特定することは難しいものの、何等かの理由で胃腸に負担がかかっているので、思い当たる原因の解消をしてあげましょう。
症状が長引く場合は、動物病院で吐き気止めの処方や胃腸薬の処方を受け、嘔吐による負担を軽減してあげましょう。

茶色く濁った泡を吐く

茶色い泡を吐く原因は様々ありますが、子犬の場合は食糞をしている可能性があります。吐き出した泡から強い便臭がします。
食糞は飼い主に叱られるという認識がある場合、飼い主の気が付かぬ間に行っています。たびたび食糞を行うと、胃腸が不調を起こし、泡状で吐き出すことがあるので、排泄の場所、タイミング、食事の内容など見直しをしましょう。

血液交じりのものを吐く

吐き出したものに少量の血液が混ざっている、ピンク色の泡を吐く場合は胃からの出血の可能性があります。血液の量にもよりますが、異物を飲み込み、胃腸内部に傷がついている可能があるのでまずは動物病院を受診し、原因を特定しましょう。

透明な液を吐く

透明な液で口周りが濡れている場合は、唾液の過剰分泌の可能性があります。愛犬の食欲、元気がない場合など発熱をともっていることもあるので、動物病院を早期に受診しましょう。

愛犬が嘔吐をした時の対処法

愛犬が嘔吐をした後は、胃腸にこれ以上の負担をかけないためにも4~6時間は水分、食事の摂取を控えることが原則です。
水分を嘔吐したのだからとついいろいろな飲み物を与えてしまいたくなるものですが、胃腸が回復する前に再度飲水をすることで再度嘔吐を繰り返し、悪化すると脱水症状が起こることもあります。
数時間経過後は愛犬の様子を見ながら、少量の飲水から始め、食事を与えましょう。
ただし嘔吐後に
・立ち上がることが出来ない
・目がうつろ
・物音に反応しない
・歩行がふらつく
場合は、脱水症状の初期の場合があるのですぐに動物病院へ搬送しましょう。

嘔吐をした場合はその吐瀉物で状況を見極める

犬の嘔吐にはいろいろな理由がありますが、嘔吐物を都度確認し、その理由や応急処置について適切に判断をしてあげましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事