愛らしい外見で誰もが魅了されるトイプードルは実は小型犬の中でもトップクラスの知能レベルと高い運動能力を持っていることをご存知ですか?
本来のトイプードルは飼い主に抱っこされおとなしく過ごす犬種ではなく、知的でとてもアクティブな犬種です。トイプードルの特性を知るともっとトイプードルが好きになるでしょう。

知能レベルは小型犬の中でもトップクラス

小型犬は愛玩を目的として輩出された犬種と猟を仕事とする特別な役割を持ち輩出された犬種とに分類されます。トイプードルはその外見のイメージとは異なり、本来は猟犬種の一種です。

知能レベルは小学校一年生並み

トイプードル無駄吠えをあまりしない、しつけがしやすい、飼いやすいとたびたび紹介されます。この理由はトイプードルの知能レベルの高さが関係しています。
実はトイプードルの知的レベルは、小学校一年生並みと言われています。人間が発する言葉はほぼすべて理解でき、家族の行動を観察し、その後の行動を予測し、取るべき行動を判断できます。
無暗に欲求を伝えるために吠えることも無駄、無意味だと自ら理解できます。
一般的な小型犬の知能は2,3歳程度ですから、この知能差は相当なものです。2,3歳であれば家族と離れるのが寂しい、自分の欲求を我慢できないなど様々な場面で愚図り、周りの状況より自己主張が強く表れます。

知能が高いからこそ、頑固な一面も

トイプードルはとても知能が高く、行動もスマートですが、その反面とても頑固な面もあります。特にトリミング、ブラッシングなど不快感を伴う内容にはその主張が強く表れます。トリミング中に噛みつき、暴れる、泣き叫ぶなどの行動がみられることもあります。
このような場合、家族が自宅でのお手入れにこだわることでかえって関係性を悪化させてしまう事があるので、愛犬がお手入れを受け入れるようになるまでは専門家へ依頼する方がよいでしょう。

もとは大型の猟犬種

プードルはもともと水辺の猟に使用されていた猟犬です。猟犬といってもプードルは獲物を激しく追い立てる役目ではなく、水辺で休む水鳥にそっと近づき、接近したタイミングで脅かし、羽ばたかせます。この羽ばたいた瞬間に猟銃で仕留めるのです。もちろん仕留めた水鳥が水の中に落ちることもありますから、この時もプードルが水の中に入り回収をします。
このような役目を担うためにプードルには様々な改良がされました。
その結果プードル固有の特質として
・撥水性と速乾性のある被毛
・細くしなやかな体形
・機敏に動くことが出来る身体能力
・高い知能
などが備わりました。

特有のヘアスタイルは鎧からファッションに変化

実はプードル特有のヘアスタイルにもこの猟犬としての大切な意味があります。プードルのカットスタイルは今でこそテディベアスタイルが定番となっていますが、元は顔を短くそり、腰や足にボンボンの着いたスタイルが定番でした。
このスタイルは決してプードルが気取った犬種だから施されていたわけではありません。
・顔をそることで、獲物を咥えた時に血で被毛が汚れることを防ぐことが出来ます
・胸のボリュームのあるボンボンを残すことで冷たい水から心臓へかかる負担、獲物から反撃された際の体の保護をします
・腰骨のボンボンは、草むらや木々の合間を走り抜ける時に、出っ張った腰の部分を怪我することを予防します
・関節にボンボンを残すことで、大切な関節を保護し、怪我を予防します
・尾のボンボンを残すことで、敏感な尾先の怪我を予防します
つまりそれぞれのボンボンの位置には意味があるのです。

貴族の注目を浴び、小型化、ペット化される

猟犬と言えば、それまで短毛種のポインターやビーグルが主流ですから、特殊なカットスタイルを施したプードルを猟に用いることは当時でも画期的でした。
その為、猟を生活の糧ではなく、趣味とする貴族達がこぞってプードルを猟に同伴させていたのです。
この流れを受け、次第に貴族の女性の間でプードルの見栄えが話題となり、次第に小型化され、ペットとして寵愛を受けるようになりました。
サイズはより小型になり、女性が扱いやすいサイズに改良されたものの、本来持ち合わせていた高い知能と身体能力はそのまま受け継がれ、現在のトイプードルが出来上がっています。

トイプードルには体罰より参考書が必要

このように大変高い知能を持つトイプードルと家族として生活をするには、しつけにおいて体罰や感情的な言葉ではなく、丁寧な説明と参考書が必要と言われることもあります。
例えば、トイレを失敗したトイプードルの子犬に感情的に叱ったり、厳しく体罰を与えることはまるで逆効果です。このような接し方ではトイプードルは何を学べばよいのかを理解できないからです。それよりもしつけ用臭い付きトイレシーツやトイレトレーへの誘導でトイレの場所を教える方が効率的です。子犬によってはたった1度誘導するだけで、完璧に覚えることが出来ることもあるほどです。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事