トイプードルは遊びの最中や激しく興奮した直後に、息苦しそうな呼吸をすることがあります。普段とはまるで違う息遣いに驚き、どう対処してあげたらいいのか迷う事でしょう。実はこの症状が小型犬に多くみられる気管虚脱という病気の場合があります。病気の仕組みと対処方を知っておくことで愛犬の健康に配慮してあげましょう。

呼吸が苦しくなる気管の病気が気管虚脱

気管虚脱とはまるでアヒルのようなガーガーという大きな音を出し呼吸をしたり、突然呼吸困難のような症状を起こす病気です。

気管虚脱の仕組みは?

気管とは空気を体内に取り込み、輩出するための管になる部分です。この管の部分は蛇腹状のホースのような形状をしています。このホースが何等かの理由でつぶれてしまうと、空気を取り込む、輩出する時にスムーズに通過できずに呼吸が激しく乱れます。
トイプードルが落ちつき過ごしている時は特に支障がありませんが、興奮したり、激しい運動をしたりという場面で、取り込む空気の量が急激に増えると、突発的に症状が起こります。またホースのつぶれ具合によっては、日常的な呼吸も困難になり、特別な処置が必要になるケースもあります。

気管虚脱の原因は?

気管虚脱の症状でホース状の気管がつぶれてしまう原因には様々あり、代表的なものは下記の通りです。
・肥満
・先天性特質
・老化
などです。先天性の場合、生後間もない時期から症状がみられることもあります。また老化と共に症状が現れる場合は、日々の生活で無理をさせることの無い様に心がけてあげましょう。

気管虚脱の治療法は?

一旦つぶれてしまったホース状の気管は自然と元の状態に戻ることはありません。そのため、原因に合わせた対処法を講じる方法が一般的です。
例えば肥満が原因の場合は、脂肪が気管を圧迫してしまわないようにダイエットをし、愛犬の適正体重に戻します。気管への負担が軽減されると症状も自然と軽減されます。
老化や先天性の症状の場合も同様で肥満になることでさらに症状が悪化するので、適正体重を維持することが大切です。合わせて、愛犬の症状に合わせて可能な運動量を見極めたり、過度な興奮をせずに生活が出来るように生活環境の改善を心がけてあげましょう。
もし呼吸困難が深刻でチアノーゼや失神をするなど、日常生活が困難な場合は、気管に専用の機器を挿入し、つぶれたホースの形状を修復するという方法もあります。しかし体の小さな小型犬にはこのような特殊な手術は相当な負担がかかる上に、手術費用も数十万円と高額となるでしょう。
高齢になり、手術が難しい場合には、気管拡張効果のある飲み薬を服用することで、若干は呼吸がスムーズになり、咳が収まることもあります。ただ完治を目指すものではないので、あくまでも負担軽減策として考えておきましょう。

気管虚脱を対処療法で乗り越えるには

気管支虚脱の症状を出来る限り軽減するために、日常生活で気を付けるべきことがいくつかあります。手術や薬の常用を回避できるように出来る限り取り入れていきましょう。

首輪でなくハーネスを使用する

気管支に何等かの不調を抱える場合は、首輪ではなくハーネスで散歩をさせましょう。ハーネスの形状にも複数のものがありますが、胸、首の部分を圧迫せず着用できる形状がよいでしょう。

過度な興奮を避けるようしつけをする

気管虚脱の疾患を持つ場合、過度な興奮は突発的に症状を引き起こし大変危険です。愛犬が突然興奮状態になる場合は
・玄関チャイムが鳴った時
・来客があった時
・散歩中に他犬に遭遇した時
・トリミングショップでお手入れを受ける時
・お風呂に入れる時
などです。
玄関チャイムや他犬への無駄吠え、攻撃吠えに関しては、日ごろのしつけをしっかりと行い、興奮をコントロールできるように取り組みましょう。
興奮のコントロールには犬自身の問題もありますが、興奮状態に直面した時の飼い主の行動も重要です。愛犬の興奮を治める方法をしっかりと習得しておきましょう。

適正体重を維持する

骨格が細く華奢な体形のトイプードルにとって肥満は様々な面で健康リスクの高い問題です。気管を圧迫し呼吸を妨げることももちろんですが、足腰に負担がかかり骨折などのリスクも高まります。
トイプードルのように骨格が細く、アクティブな性格の犬は生涯を通じて適正体重を維持するよう心掛けておきましょう。適正体重はそれぞれの骨格によって異なります。生後一年を迎えた時点で、動物病院で愛犬の適正体重を確認しておきましょう。

小型犬に多い気管虚脱は生活改善で軽減を

気管を含む先天的な疾患は小型犬の多くが抱えている問題です。まるで何も疾患の無い子犬を探すことはとても難しく、不可能のさえいえるでしょう。またこの気管虚脱の症状は加齢によっても発症するので発症した場合の対処法、予備知識、日ごろの予防策を意識して生活をさせてあげましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事