子犬を家族に迎えることが決まり、いろいろな用品を買いそろえる中で、つい首輪やリードを後回しにしてしまっていませんか?
実は首輪、リードのしつけはトイレのしつけ同様に早期から取り組むべき大切な項目です。カラフルで可愛らしいデザインが多いトイプードルサイズの首輪をぜひ選んで、楽しくしつけを始めましょう。

首輪もしつけの第一歩

子犬のしつけと聞き思い浮かべるのは、トイレ、お座り、マテでしょう。この3つが完璧に出来るようになると、しつけの大半が終わったと日本では思われがちです。
でも実際にはまだまだ大切な項目がたくさん残っていることを承知しておきましょう。

新しい生活に慣れたら首輪練習を開始

首輪やリードに慣れるための練習は、トイプードルを家族に迎え、新しい環境に慣れたころがスタートの目安です。慣れたかどうかの見極めは、食欲が安定していること、下痢など不調がない事です。

行動制限、服従を理解させる

首輪やリードは単に愛犬を散歩に連れ出すための道具という意味だけではなく、愛犬と家族との関係性を構築するための大切な役割があります。
元気いっぱい、好奇心旺盛、やんちゃ盛りな子犬にとって、せっかく散歩に出たものの首輪やリードで行動を制限されることは単なる不便、窮屈なことでしかありません。
その為、様々な方法で首輪やリードを拒絶しようとするでしょう。
ここで飼い主が無理強いをしたり、抱き上げるというその場限りの解決策を多用しているようではまるで解決になりません。
解決をするためには、知能の高いトイプードルに合わせて、
「なぜ首輪、リードを着用しなければならないのか」
「首輪、リードを着用している間はどう行動すべきか」
を教える必要があります。
つまり場面によっては飼い主の指示に従い、決められた行動をしなければならないという事、人間社会で生活をするにはルールが或ることを理解させるのです。

スムーズに首輪、リードに慣れさせるテクニック

愛犬同伴OKな施設や人込みの観光地でスマートに歩くトイプードルの姿をたびたび見かけます。周りのおびえることも無駄吠えをすることもなく、人間の足元をすり抜け、軽やかに歩く姿は羨望のまなざしを集めるほどです。
でもこのようなスマートな行動には、子犬の頃の首輪、リードの練習が大きな意味を持ちます。

首輪の着脱から教えます

生後間もない子犬に初めての首輪をつけると、初めはその感触、重量感から何度もかきむしり、時には無理やり外そうともするでしょう。着脱を使用とする飼い主に噛みつくこともあります。
これは、犬にとって首輪何よりも大事な急所であり、場合によっては致命傷を負う事もある部位だからです。そのような重要な部位に不快感を感じることがあれば、条件反射的に取り除こうとするのは当然のことです。
ただ今後の生活において、首輪は必ず必要になるものですから、徐々にその感触に慣れさせていくことが大切です。
子犬を首輪に慣らすためには
・抱き上げたり、膝に乗せた状態(安定した姿勢)で首輪をつける
・つけ終わったら即座におやつを与え、十分に褒める
・数分経過してから再度抱き上げ、首輪を外し、同様におやつを与える
この繰り返しによって、人間の手が首に触れること、首輪を着脱することへの警戒心を払拭することが出来ます。

室内で歩行練習をしましょう

首輪をつけることに慣れてきたら、今度はリードをつけ、室内を歩く練習をします。それまで自由気ままに生活をしてきたものの、突然リードで行動範囲を制限されること、飼い主の歩調に合わせて歩くことは子犬に服従を理解させます。
この時、何度も立ち止まったり、足を踏ん張ることもたびたびありますが、力づくで解決をするのではなく、おやつやおもちゃで誘導し犬自身の意思で歩くように教えましょう。

トイプードルにあった首輪・リードの選び方

トイプードルのための首輪選びは、カットスタイルや体形、先天的特質を考えベストな製品を選んであげましょう。

首輪の選び方

トイプードルはとても繊細で華奢な骨格をしています。そのため、首輪も出来る限り軽量で負担のかからない製品を選んであげましょう。
首輪のサイズは、前方から引っ張ってもすり抜けてしまことの無い様にしっかりとサイズ調整が出来る製品を選びましょう。トイプードルはとても頭部が細く、首とさほど幅が変りません。そのため前方に抜け落ちてしまう事があるので注意しましょう。
もし先天的に気管支に不調がある、呼吸器に不調がある場合は負担のかかる首輪よりハーネスの方がベストです。

リードの選び方

リードは軽量でしなやかな製品を選びましょう。活発に動き回ることの多いトイプードルの場合、からまたリードをほどきやすいことも大切なポイントです。装飾や形状よりも素材重視で選びましょう。

首輪は愛犬との絆の証

首輪をつけることにかわいそうと抵抗感を抱く方が増えています。でも首輪は愛犬を安全に屋外へ連れだし、たくさんの思い出を作るために大切なアイテムです。正しい利用法を教えてあげることでストレスなく安全に使用できるよう取り組んであげましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事