犬も風邪をひくと聞いて驚く方もいるでしょう。犬と一緒に生活を始めるまでは、風邪とはまるで縁遠いと感じるからです。でも犬も寒さや体調不良で人間同様の病気を発症することがたびたびあるので、日ごろから健康管理には気を配ってあげましょう。

風邪をひきやすいシングルコートの犬達

犬の被毛には2つの種類があります。1つシングルコートと呼ばれるタイプです。シングルコートとはトイプードルやマルチーズ、ヨークシャテリアの様に、被毛の長さがすべて均一で、一枚の布をまとっているかのような構造をしています。
もう1つのダブルコートと呼ばれるタイプは柴犬を代表とし、表面の長い被毛の下に綿のような短い被毛が密集し、寒さが皮膚に直接当たらない方保護している構造です。
この2つの被毛のうちシングルコートを持つ犬達は当然の事ながら寒さの影響を受けやすく、季節や年齢、環境に応じて何等かの防寒対策が必要です。

急な寒暖差が原因

トイプードルが風邪をひいてしまう原因の1つに急激な寒暖差があります。特に多いのは、冬に暖かい部屋で過ごしていたものの、夕方になり散歩に出かけるタイミングです。この時、時期によってじゃ20度以上の寒暖差を瞬時にして体験することになりますから、当然体が対応できません。20度もの気温差であれば、冬と真夏を瞬時に行き来するようなことですから当然です。
このような寒暖差は若く健康な犬であれば軽い風邪で収まりますが、高齢犬の場合心筋梗塞などを引き起こす危険もあるので注意が必要です。
冬の散歩の時は愛犬の洋服を1枚はおらせる、日中の暖かい時間に散歩に連れ出すなどの工夫をしてあげましょう。

お風呂上りの生乾きが原因

トイプードルもお風呂を自宅で済ませる方が増える中で、お腹周りなど乾かしにくい場所が生乾きでドライヤーを終えてしまっていることがあります。お風呂上りのドライヤーは全身の被毛の根本までしっかりと終わらせましょう。
表面だけの乾燥では、こもった湿気が次第に体にしみわたり、じわじわと体温を低下させてしまいます。必ずしっかりと乾燥をさせましょう。

夜間は室温がぐっと下がります

日中はエアコンやストーブ、床暖房と何かと室温が管理されているものの、夜間の家族の就寝時にはすべてスイッチを切ってしまうものでしょう。実は夜間、人気のなくなった部屋はとても寒く、特に床に近い場所は想像以上の低温になります。
この昼夜の寒暖差も風邪をひく原因になっています。
犬は生後半年ほどまでは兄弟や親犬と寄り添い、お互いに温め合いながら眠ります。子犬自体の基礎体温は27~28度もあるので、寄り沿い合う事で十分な暖を取ることが出来ます。でも親兄弟と離れ、1頭だけで眠るにはたとえボアのついたベッドがあっても十分なぬくもりはありません。
夜はハウスの中にペット用ヒーターを設置し、十分な暖を取れるように工夫してあげましょう。

伝染性疾患が原因

くしゃみ、鼻水は子犬期に多い伝染性疾患であるパルボやジステンパーの初期症状でもあります。
発症直後は透明な鼻水で、その後症状の悪化に伴い白濁した鼻水や緑色の鼻水に変化します。
この病気は大変致死率が高い上に、飛沫感染、空気感染をする危険な病気です。
ただこのような重篤な伝染性疾患にかかっている場合、くしゃみ、鼻水だけでなく発熱、食欲不振、下痢などの症状も併発するので、体調の変化をしっかりと確認しましょう。

たびたびのくしゃみはアレルギーのサインかも

実は犬も人間同様に花粉症になることが数年前に発見され話題になりました。これは室内生活やペットとしての生活を経て犬の体質そのものが変化していることも関係しているとも言われています。
花粉症を発症した場合の症状は、まるで人間と同じでくしゃみ、鼻水、涙量の増加などです。中には目がむずがゆく、前足で何度も目をこすることもあります。
花粉症は人間同様に花粉の飛散量が減ると自然と症状が改善されますが、予防や治療のための特効薬がないので、こまめにお風呂にいれ体についた花粉を洗い流すなどの対処法で辛い時期を乗り越えてあげましょう。

下痢、食欲不振など別症状を併発したら病院へ

愛犬のくしゃみ、鼻水があるときどのタイミングで動物病院へ連れて行くべきか悩むものです。人間のように市販薬がないので、特に判断が難しいと感じるでしょう。
このような時は
・食欲があるかどうか
・下痢をしているかどうか
・ぐったりとしているかどうか
を目安に判断をしてあげましょう。
もしくしゃみ、鼻水があっても食欲があり、下痢をしていなければ数日で自然と治癒するでしょう。治癒するまではお風呂や旅行など体に負担のかかることを控え、散歩の時は洋服を着せるなどの工夫をしてあげましょう。

体力がないからこそ進行も早いのです

トイプードルのように体の小さな犬は、単なる風邪でも体に負担がかかり症状の進行が速いものです。症状が長引く場合や食欲が減退してしまった時は早めに動物病院を受診しましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事