pruzi / Pixabay

トイプードルは寒さには弱いタイプの犬種といえます。犬は基本的に暑さよりも寒さの方が得意ですが、体が小さいトイプードルなどの小型犬や超小型犬は寒さに弱いという特徴があります。

トイプードルにとって適度の気温はどのくらいなのでしょうか?また、トイプードルの寒さ対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

トイプードルは寒さに強い?

プードルの被毛は密生していて、もともと水の中にも入っていくように改良されてきた犬種なので、他の犬種に比べると寒さに強いといえます。

ただ、体格が小さいトイプードルは他のプードルに比べると寒さにはあまり強いとは言えません。
他の小型犬や超小型犬でも同じですが、体格が小さい小型犬や超小型犬は寒さにはあまり強くはありません。

従って、トイプードルを飼育する際には寒さ対策をしっかりとる必要があります。

トイプードルの最適な気温

トイプードルが快適に活動できる気温は18~22℃が最適とされています。人側からすると寒いと感じる気温ですが、トイプードルからするとこのくらいの気温が快適に過ごす事ができるといわれる気温です。

22℃以上になると喘ぐように呼吸をするパンディング呼吸をするようになり、暑さを感じてきます。
また、18℃以降になると寒さを感じて震えたりするようになります。

室内飼育する場合には18~22度に室温を設定するようにすると、トイプードルは快適に過ごす事ができます。

寒さ対策

一般的に冷たい空気は下に溜まりやすいので、人よりも下の位置で生活する犬は寒さを人よりも感じやすいといえます。
なので、ブランケットやタオルなどをトイプードルの上にかけてあげるのではなく、下に敷いてあげるだけでも寒さをしのぐ事はできます。

エアコン

エアコンも寒さ対策にはなりますが、エアコンは上の空気を温める為に犬にとってはあまり暖房の効果はありません。

暖かい空気を床までしっかりと届ける事ができるようなサーキュレーターなどを使用して、床付近にいるトイプードルもしっかりと暖房が取れるようにする必要があります。

ホットカーペット、床暖房

エアコンと違って床を温めるホットカーペットや床暖房は犬の寒さ対策には適しています。
ただ、注意しなくてはいけない事があります。

暖かくなりすぎてしまうと、逆に脱水や熱中症になってしまうので温かくなりすぎた際に逃げ場所を作ってあげるようにします。

犬は体温調節が得意な動物ではないので、飼い主や家族はトイプードルが脱水や熱中症になっていないかを常にチェックしておく必要があります。

ホットカーペットの場合は床全面にはせずに、涼しい場所を用意しておきます。
涼しい場所を用意しておくことで、暑すぎた場合の逃げ場所となり、脱水や熱中症にならないようにする事ができます。
床暖房の場合にはソファーやベッドなど床と距離が置ける場所を用意します。これも熱すぎた場合の逃げ場所として利用する事ができます。

ストーブ

ストーブも寒さ対策には効果的ですが、温かく、トイプードルがストーブに近すぎてしまい、火傷をしてしまう危険性があるので、サークルで囲って必要以上に近づかないようにするなどの工夫が必要となります。

こたつ

寒くなってくるとこたつを出す家庭もあると思いますが、こたつも犬にとっても有効な寒さ対策になります。

ただ、こたつの中に入って出れなくなったり、温かくてつい眠ってしまい、熱中症や脱水を引き起こしてしまう場合もあるので、トイプードルがこたつの中に入った際には熱中症や脱水を引き起こしていないかをチェックするようにしましょう。

湯たんぽ

寒さ対策としては湯たんぽも効果的です。
ただ、愛犬に使う場合には悪戯をしてしまう事もあります。なので、悪戯をしてしまうような場合にはケージやサークルの外側に立てかけて使用するようにします。

悪戯をしないような大人しい愛犬の場合には低温火傷をしないように布やタオルをかけて使用する事もできます。

洋服

寒い時期でも散歩や遊ぶ際に外に出る可能性があります。特にトイプードルだけでなく、チワワやヨークシャー・テリアなどの小型犬や超小型犬は寒さに弱いので、散歩などで外出する際には寒さ対策は大切です。
その際の寒さ対策としては洋服を着せるといったものがあります。

現在、フリース素材や毛布、ダウンの洋服などの保温ができるような洋服を着せて散歩などに行くようにすると愛犬が寒さで苦しむ事はありません。

トイプードルの寒さ対策のまとめ

トイプードルは寒さに弱い為に寒い時期には寒さ対策は必須といえます。
室内飼育にしろ、室外飼育にしろ、寒さをしのげるようにする事は大切ですが、体温調節が苦手な犬にとっては暑すぎてしまわないようにする事も大切です。

人の場合は暑くなると涼を取る事もできますが、犬はそういうわけにはいかないので、飼い主や家族が注意しながら時には涼を取りながら快適に過ごせるようにしてあげる事が大切です。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事