PixelwunderByRebecca / Pixabay

水頭症という病名を聞き、聞きなれない名前にショックを受ける方もいるでしょう。これまでこの病気は主にチワワに多くみられていたものの、近年トイプードルでの発症数が増加傾向にありその深刻さが増しています。
聞きなれない水頭症という病気の仕組みと接し方について考えてあげましょう。

小型犬の水頭症の原因の大半は先天性

水頭症という病気は、脳や脊髄の周囲を循環している脳脊髄液(のうせきずいえき)と呼ばれる液体が、何らかの理由で本来の量より増えてしまい、脳を圧迫してしまう病気のことです。
本来であれば脳内で循環し、吸収され余分な髄液が脳内にたまるという事はありえませんが、この構造が崩れてしまうことで病気として発症する仕組みです。
この病気を発症すると、オデコのあたりが大きく膨らんだような骨格になります。軽く触れるとぶよぶよと柔らかい感触です。
チワワの特徴であるアップルヘッドと呼ばれるオデコの形状をさらに大きく、いびつに膨らませたような外見になります。
ただ生後間もない時期、ペットショップに並ぶほどの時期には、この症状の見分けが付きにくいケースもあります。
その理由は、まだ成長途中であり、骨格形成が不完全なこと、販売にあたって獣医師の検査を受けていないことから発見がされず、販売されているケースもあります。
つまり単なる個体差、特徴と思われてしまうのです。
トイプードルが水頭症という病気を発症すると
・目が外下方を向いている、斜視、焦点が合わない
・動きがゆっくり、ランダムに変調がみられる
・元気がなくぐったりしている
・寝てばかりいる、物音、食事に反応しない
・異常で突発的な攻撃性
・食欲不振
・過食
・視力障害(ものにぶつかる)
・昏睡
・てんかん発作
などの症状や行動、異変がみられます。
生後間もない子犬のうちは、特にトイプードルのように食が細い場合やストレスに弱い場合、なかなか病気の兆候と気が付けない場合もあります。
ただ頭部の形状や日々の生活に気になることがあれば早期に動物病院を受診しましょう。
水頭症を発症する原因の多くは先天性疾患です。
極度な未熟児、発育不良などに多くみられます。
トイプードルの発症も、極端に小柄な犬を求める風潮が高まり、無理な繁殖が行われていることが原因の1つとも考えられています。
トイプードルには、血統証認定団体が定めた理想的なサイズがあり、極端に小さなことは何等かのリスクが伴うことを承知しておく必要があります。
そのリスクの1つが水頭症です。他にも短命、弱視、骨格形成不全なども見られます。
生後間もない子犬や、初めて犬を飼う場合などなかなか水頭症の兆候に気が付くことが出来ない場合もありますが、本来のトイプードルの骨格に比べ
・オデコが大きい
・目が大きく見える
・顔がとても小さい
などの点があれば、専門家へ相談をしたうえで判断をしましょう。

水頭症は、治療が出来ない困難な病気

水頭症という病気は、時間の経過とともに頭蓋骨内に水がたまり続ける病気です。病気の進行には個体差があり、ゆっくりながらも脳内の水が吸収されていく場合もあれば、増え続けてしまうこともあります。
この病気は、根本的な治療法がなく、投薬によって進行を遅らせることで症状を緩和するという手段がとられます。
一部の動物病院で高度な外科的手術を行い、脳内の余分な成分を体の他の部位へ循環させるという方法も可能ですが、なかなか症例数が少ない上に、未熟児、発育不良も伴っている状態でどこまで手術、治療に耐えうることが出来るかは不明確で、選択されることの少ない方法です。
また水頭症を発症している場合、脳内の状態のコントロールと合わせて、日々の食事、排泄、お手入れなどの手間もかかります。
食事も市販のドライフードをただ与えるだけでは、食べることが難しく、療法食などがよいでしょう。
トイレや生活には介助が必要で、体を清潔に保つことが出来るように被毛のお手入れも欠かさずに行う必要があります。

水頭症は過剰な治療よりも、生活の質を重視することも

水頭症は脳内に関係する深刻な病気のため、発症がある場合、大抵はとても短命です。子犬の場合は生後数か月、成犬の場合でも健康な犬に比べ半分程度の寿命となるでしょう。
その為、家族で治療や今後の生活についてきちんと話し合いを設け、治療をどこまでするのか、生活の中で何を重視するのかを考えてあげましょう。
場合によっては、治療のために毎日通院をし、点滴や投薬を受け続けることよりも、不自由はあるものの家族と共に家庭でのんびりと過ごすことの方が有意義で幸せな場合もあるからです。
症状が目に見えずに進行をするので、なかなか判断が難しい病気ではありますが、動物病院と相談をし、今後の生活がよりよい方向になり、穏やかな時間を過ごすことが出来るよう考えてあげましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事