FROGGYTUFF / Pixabay

犬も風邪をひく?犬も風邪や病気、ストレスなど様々な理由から咳やくしゃみをすることがあります。特に子犬の時期の咳やくしゃみは伝染性疾患に感染している可能もあるので注意が必要です。愛犬の体調不良に気がついたら、早期に動物病院を受診してあげましょう。

子犬の時期に多い「ケンネルコフ」

生後半年未満の時期に多く見らえる咳に「ケンネルコフ」という症状があります。この咳は主に繁殖施設やペットショップで過ごす子犬に多くみられることからこのような名前がついています。
この咳は、小さく、乾いたような症状で、軽い運動の後、抱き上げた後など回数が少なく、頻繁に繰り返します。
この咳が起こる原因は
・ストレス
・免疫力の低下
・埃の多い環境
・ウイルスの感染
など様々で、空気感染で広がることもあり、ペットショップなどでは蔓延しがちです。
治療には動物病院で処方された抗生物質を2週間ほど服用し、ストレスを与えないよう注意しながら、安静に過ごさせれば完治します。
ただ咳の症状がある期間は、子犬期のワクチン接種や狂犬病予防注射を見送ることもあるので、動物病院とよく相談をしましょう。
咳の症状は成長、運動量の増加、免疫力の向上で次第に解消されたり、新しい家族と生活を始めることでストレスが解消され自然と完治することもあります。
ただ一方で、環境の変化がストレスになりさらに症状が悪化する、食欲減退など別の症状が起こる場合もあるので、症状を軽く考えるのではなく、しっかりと動物病院と相談をしましょう。

伝染病、寄生虫で咳、くしゃみが出ることも

生後間もない時期の子犬、高齢期の犬は想像以上に体がデリケートで、気温の変化で風邪をひいたり、体調を崩すことも多々あります。
犬も人間同様に風邪をひくと発熱をし、咳やくしゃみの症状がみられるものです。軽度な風邪であれば、しっかりと食事をし、自宅で安静にすることで数日で自然治癒しますが、症状は日を追って悪化する場合は別のケースを考える必要があります。
犬の病気の程度を鼻水で見極める場合、鼻水の種類は
・透明で少量のしずく程度
・透明でサラサラとしたものが鼻の周りにつねににじんでいる、垂れてくる
・黄色く濁ったものが鼻の周りににじんでいる
・緑色に濁ったものが鼻の周りににじんでいる
と分類できます。この中で、鼻水に色がついている場合は即刻動物病院を受診すべき深刻な事態です。
色のついた鼻水がみられる場合は、パルボやジステンパーなど感染性が高く、致死率も高い病気の初期症状の可能性があります。このような病気は自宅療養では完治できず、動物病院で適切な処置を受け、場合によっては入院が必要になるほどのケースです。
またこのような色付きの鼻水が出ている場合、食欲減退、下痢などの症状も併発している場合があるので、愛犬の状態を丁寧に動物病院へ説明しましょう。
また、当初は透明な鼻水だったものが数日経過するうちに色付きに変化することもあります。これは病気が悪化しているサインなので、速やかに動物病院の受診が必要です。
もし多頭飼いの場合は、他犬への感染予防のためにも症状のみられる犬を隔離し、接触を完全に防ぐことも必要です。
鼻水の症状と合わせて、もしくは単独で咳をすることがあります。
咳には
・乾いた軽い咳
・湿ったような痰がらみの咳
の2種類があります。
咳は想像以上に体力を消耗するので、子犬や老犬の場合、動物病院の処方薬を与え体力消耗を防ぎつつ、対処してあげましょう。
特に湿った咳をする場合、伝染病、寄生虫の可能性もあるので、検便検査も行いしっかりと原因を突き止め、治療をしてあげましょう。
咳やくしゃみなどの症状は空気感染で他犬へ広まります。同居の犬はもちろんドッグランやトリミングショップの利用は完治するまで控える方がよいでしょう。

想像以上の体力消耗に要注意

咳やくしゃみの症状は想像以上に体力を消耗し、食欲減退や下痢などの症状も併せて引き起こします。
動物病院は土日、夜間診察が可能な施設も増えているので、受診を先送りにせずに早急に足を運びましょう。
咳やくしゃみが原因で食欲不振や下痢を起こしている場合、体力、免疫力の低下も併発し、脱水症状や低血糖を起こす場合もあります。
特に生後半年未満の子犬は病気の進行が早く、自然治癒、自宅療養をと考えていると手遅れになることもあります。たった1度の絶食が命に係わるほどに子犬はデリケートなので、体調不良は早期発見、早期治療を徹底しましょう。
もしペットショップから引き取る時点で咳やくしゃみの症状がみられる場合は、現時点での投薬の状況や受診状況、今後の治療やその費用についてしっかりと話し合い、納得したうえで引き取りを決めましょう。体調不良が続く間は、長時間の留守番をさせることはリスクが高いので出来る限り、目が届くよう環境を整えてあげましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事