MISS_SUMMER / Pixabay

犬の病気の中でもヘルニアという言葉を耳にすることがありますが、ヘルニアは必ずしも腰の起こる病気ではなく、鼠径部と呼ばれる足の付け根、下腹部にも起こるトラブルです。特に子犬の時期に多くみられる症状なので、その仕組みと今後の注意点をしっかりと理解しておくことが大切です。

鼠経ヘルニアって何?

鼠経ヘルニアとは、犬の下腹部、後肢の付け根当たりに見られるヘルニアの症状です。
本来であれば、犬の内臓は全て腹膜と呼ばれる筋肉の袋の中に納まっているべきものですが、何等かの理由でこの腹膜の袋の隙間から内臓がはみ出してしまうと、骨や筋肉の合間から内臓の一部が飛び出してしまい、手で軽く触れたり、目視だけでその膨らみを確認することが出来るようになります。
この症状は生後間もない子犬に多くみられます。子犬のお腹はまだ薄いピンク色で、皮膚も薄く、このような膨らみがあっても違和感を覚えないこともあるでしょう。中にはヘルニアと認識せずに子犬期の特有のお腹だと可愛らしいととらえてしまう方もいます。
でもヘルニアという名前が付く以上、列記とした病気の一種ですから、正しい知識と対処法を講じる必要があります。
鼠経ヘルニアとよく似た症状に臍(さい)ヘルニアという症状もあります。これはいわゆるデベソの状態で、腹部のくぼみに腸の一部が入り込んでしまう状態です。
いずれの症状もペットショップやブリーダーが子犬を販売する時点で、症状を確認できる状態にある場合は、購入者にきちんと説明をし、了承を得ることが法的に義務付けられています。

鼠経ヘルニアが起こる原因と治療法

鼠経ヘルニアの発症原因の多くは、先天的な理由です。親犬からの遺伝、先天的な骨格形成に関するもの、犬種特有の傾向などです。
下記の犬種は、犬種固有の特徴として鼠経ヘルニアの発症率が高いとされています。
・ミニチュアダックスフンド
・ミニチュアピンシャー
・ポメラニアン
・チワワ
・パピヨン
・トイプードル
鼠経ヘルニアの症状は軽度であれば日常生活に支障が起こることもなく、目立った健康上のトラブルもありません。成長と共に腹部のふくらみが目立たなくなることもあります。
ただ一方で、逆に症状が悪化し、腹部のふくらみが大きくなることもあります。
その原因は
・肥満
・妊娠、出産
・加齢
・骨格の負荷のかかる生活
・事故や怪我
などです。本来腹膜に守られているはずの内臓が、腹膜から飛び出した状態にあるので、何等かの理由で強い圧力が腹部にかかったり、肥満や妊娠で慢性的な負荷がかかるとさらに内臓が外部へ押し出される形になり症状が悪化します。
また小さな子供がいる家庭では、子供が子犬を抱き上げる時に腹部に負荷がかかり、症状の悪化を招く事故も起こりやすくなっています。
鼠経ヘルニアを治療するには、投薬治療ではなく外科的な手術が必要になります。
開腹手術を行い、腹膜の補強をすることで、内臓を本来あるべき場所へ戻し、腹部のふくらみを解消します。
この手術は単独で行う事も可能ですが、生後間もない時期に症状がみられている場合には、去勢や避妊手術と同時に行う事も可能です。
手術には全身麻酔が必要なため、他手術と同時に行うことで犬への負担を最小限に済ませることが出来ます。
また開腹を伴う処置は費用もかさむので、同時に済ませる方が経済的な負担の軽減にもつながります。
鼠経ヘルニアの症状は、加齢とともに悪化することもあります。高齢になり腹部の筋力が低下すると、それまで腹膜で保護していた分をカバーしきれなくなり、内臓の隆起がさらに目立つようになります。
手術が必要なのか、それとも日常生活に注意を払うことで対処が可能なのかという判断は愛犬の成長、加齢に合わせて都度動物病院で相談をしましょう。

鼠経ヘルニアがある場合に注意すべきことは?

愛犬に鼠経ヘルニアがある場合は、日常生活において家族が注意すべき点がいくつかあります。
まず
・抱き上げる時に腹部を過度に圧迫しないこと
・腹部のふくらみを刺激する、触れることの無い様に注意すること
・子供や犬の扱いに慣れていない方が犬に触れる場合は事前に注意を促すこと
・・肥満に注意すること
・妊娠、出産が可能かどうかを動物病院と相談をし、リスクが高い場合は早期に避妊手術を行うこと
中でも肥満による体への負荷は、大変危険です。日ごろから食事管理をしっかりと行い、生涯にわたって危険を避けることの出来るように心がけてあげましょう。
鼠経ヘルニアという病気は、発症の程度の差はあるものの、トイプードルの多くが抱えているとも言われています。日常生活に支障があるかどうかは、子犬の時点、ペットショップからの購入の時点では判断がつきにくいこともありますが、きちんと確認をしましょう。
この点は、子犬を家族に迎える時にしっかりと確認をしましょう。また鼠経ヘルニアがある犬を繁殖に用いた場合、高い確率で遺伝をするという事も知識として備えておきましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事