純血犬種は、それぞれ罹患しやすい病気が分かっています。
トイプードルも罹患しやすい病気がいくつかあります。全てのトイプードルが罹患するわけではないですが、トイプードルを飼育する際には注意しておく必要があります。

今回は、トイプードルがなりやすい病気ベスト5について紹介していきたいと思います。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨はいわゆる膝の皿にあたる部分で、本来は大腿骨にある滑車溝という窪みの中にはまっていて膝関節の滑らかな屈伸運動を担っている部分です。

膝蓋骨が正常な位置からずれた状態をいいます。内側にずれた状態を内方脱臼、外側にずれた状態を外方脱臼といいますが、発症頻度が圧倒的に内方脱臼が多いといわれます。

また、内方脱臼はトイプードルを含めた小型犬種で多く、外方脱臼は大型犬に認められる傾向にあります。

原因は先天性と後天性の2つがあり、先天性は生まれつき膝関節の周りの筋肉や骨の異常、人体の付着部位の異常などが成長とともに進行していき、膝蓋骨脱臼を招いてしまいます。

後天性の場合は段差や抱っこをしている状態から落ちたり、打撲をしたりする事などによって発症します。

膝蓋骨脱臼は進行状態によってグレートⅠ~Ⅳまであり、初期段階では脱臼をしても自然に元に戻りますが、次第に元に戻る事ができなくなり、最終的には常に脱臼状態になり、元に戻す事ができなくなります。

症状としては痛みや幹部の腫れ、肢を引き摺って歩く、

骨折

骨折は骨が持つ耐久力を越えた外力が加わって骨が折れる場合と病気が原因で折れる2つのパターンがあり、折れ方によっても単純骨折や複雑骨折等に分類されています。

犬では交通事故や落下事故などの強度の打撲が原因となり折れる事がありますが、トイプードルなどの小型犬や超小型犬の場合には喧嘩でも骨折する事があります。

病気が原因の骨折の場合には、くる病、骨腫瘍、骨感染症、その他栄養障害などが原因となる病気で、本来であれば骨折するような外力でもないのに骨折をしてしまうようになってしまいます。

トイプードル以外にはポメラニアン、チワワ、マルチーズ、イタリアン・グレーハウンド、ボルゾイ、サルーキ、アイリッシュ・セターなどがっしりタイプではなく、どちらかというと華奢なタイプの犬種で骨折は起こりやすいといえます。

外耳炎

外耳炎は、トイプードルが鳴りやすい病気の1つですが、外耳炎は外耳道という耳の通り道に炎症が起こった状態を指します。外耳道は耳の通り道の中でもっとも外側に位置する部分です。

トイプードルのように耳が垂れているタイプの犬種は空気の通気性が悪く、耳垢や細菌が溜まりやすく、外耳炎になりやすいといえます。

また、外耳炎を予防するには耳掃除が重要ですが、耳掃除をして耳垢や細菌を奥に押し込んだり、人の耳掃除の要領で行うと自動を傷つけてしまう事があり、それが外耳炎の原因となる事があります。

犬の耳は人の耳とは違って垂直に曲がっている部分があり、お国綿棒を無理矢理入れると外耳を傷つけてしまう事があります。
耳掃除をする際には、あくまでも目視できる範囲に限って行ったり、耳の入り口の被毛を抜いたりするくらいにしておきましょう。

白内障

白内障は、眼球のレンズが白くなる事をいい、犬は他の動物よりも発症する事が多いといわれ、中でもトイプードルは発症しやすいとえます。

白内障は白くなるごとに視力が低下していき、最終的には見えなくなります。
加齢にと共に起こる事があり、老化現象の1つといわれていますが、若齢の犬でも起こる事があります。

治療には内科的治療と外科的治療の2つがありますが、10歳齢を越えると治療はしないように勧める獣医師が多いといわれます。
その理由は白内障は痛みを伴わないうえに、犬は人のように視覚に頼って生活を送らないためです、家の中のように慣れた場所であれば、家具などを移動させない限りある程度どこに何があるかを理解しているので、視覚がなくても生活をする事はできる為です。

ただ、5歳齢ほどの若齢で白内障が起こった場合には残りの犬生が長い為に治療を施す事があるようです。

流涙症

流涙症は、涙やけともいわれる病気で、常に涙が流れる病気で、溢れた涙が通る場所が変色して焼けたように見える事から涙やけといわれています。

トイプードルの中でもホワイトのカラーなど薄いカラーのトイプードルで多いといわれています。

涙は目から出るだけでなく、鼻へと抜けていくものがあります。目と鼻を繋ぐ鼻涙管という管を通って鼻に抜けていきますが、この鼻涙管が何らかの原因で詰まっていたり、詰まってはいなくても通りが悪くなっているなどが起こると、鼻へと抜けずに目からあふれ出てしまいます。

また、結膜炎やアレルギーなどで涙が増えている場合でも流涙症を引き起こしてしまう事があります。

まとめ

トイプードルを含めて純血犬種の場合にはなりやすい病気がいくつか分かっています。トイプードルの場合には膝蓋骨脱臼や骨折、外耳炎、白内障、流涙症などがあります。

これらの病気は直接トイプードルの命にかかわる病気ではないですが、大事な家族であるトイプードルに余計な負担やストレスをかけないように、飼い主や家族はこれらの病気にならないように健康管理をしっかりと行いましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事