トイプードルがなりやすい病の中に涙やけという病気があります。涙やけは常に涙が流れ続けるという病気で、常に涙が流れ続けるので、涙が流れる場所が焼けたように変色してしまう病気です。

今回は涙やけのとり方やカット、手入れの方法について紹介していきたいと思います。

涙やけとは?

涙やけは、正式には流涙症といい、常に涙が流れ出ている状態です。
あふれ出た涙が、目頭から鼻の横の涙の通り道の被毛が変色して焼けたように見える事から涙やけといわれています。

愛犬の目頭から鼻の横の被毛が変色している場合には涙やけの危険性があります。

涙やけは、ホワイトカラーのトイプードル、マルチーズ、シー・ズーなどの被毛が薄い犬種でよく認められるので、こういった犬種を飼育している飼い主や家族は要注意です。

涙やけの原因

涙は涙腺で産生され、全てが目から流れ出るのではなく、鼻へと抜けていくものもあり、この抜けていく為に目と鼻を繋いでいる管を鼻涙管と呼びます。この鼻涙管を通じて生成された涙は流れて行っています。

この鼻涙管が先天的に詰まっている、細くなっている、曲がっているなどの構造上の異常がある場合や、慢性的に目の炎症を繰り返していたり、目の炎症の治療をしっかりと行っていないなどが原因となり、涙やけを引き起こしているといわれています。

また、結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、鼻炎、副鼻腔炎など病気やアレルギー、食べ物も原因として考えられています。

涙やけの症状

涙やけの症状としては、目頭から鼻の横にかけて被毛が変色するだけでなく、涙が出たり、目ヤニが増えたり、湿疹ができたり、湿疹部位を擦ったりしたりします。

涙にはタンパク質などが含まれていて、涙に紫外線が当たると化学反応を起こし、茶褐色に変色してしまいます。

飼い主や家族としては涙が通る道の被毛が変色して気付く事が多いようです。

涙やけの治療

涙やけの治療には原因によって変わってきます。

涙やけの原因が食べ物の場合やアレルギーの場合には、原因となっている食べ物や物質を特定して、原因となった食べ物を使用していないドッグフードに切り替えたり、原因となっている物質を愛犬の飼育環境から取り除くようにします。

ドッグフードの中にも様々なものがあり、品質が悪いものも存在しています。
犬にとって消化しにくい穀類を使用していたり、長期的に摂取すると健康被害を及ぼす危険性がある人工添加物を使用しているものがあります。

こういった品質が悪いドッグフードが涙やけを引き起こしている危険性もあるので、価格は高くなりますが、高品質のドッグフードに切り替える事で涙やけが改善する事があります。

アレルギーの場合には原因となっているアレルゲンを特定し、取り除けば症状は軽減する事ができるので、まずはアレルゲンを特定する事が重要です。

涙やけを引き起こしている結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、鼻炎、副鼻腔炎などの病気の治療を施す事によって涙やけを止める事ができます。

抗生物質が含まれる目薬の点眼を施す治療法がありますが、点眼治療に関しては少なくても3週間は継続する必要があるとされます。

また、涙小管を洗浄したり、外科手術によって人為的に穴をあけて鼻の方に流れるようにします。

涙やけのとり方

涙が流れている状態を放置しておくと、細菌が繁殖してしまい、被毛が変色してしまうので、こまめに拭いたり、定期的なシャンプーやトリミングを行うようにします。

犬種の中には目の周りの被毛が豊富にあるタイプや睫毛が眼球を傷つけている場合には、それが眼球を刺激して涙やけを引き起こしている事もあります。

目の周りの被毛を短くカットしておくことも大切な涙やけの予防にもなりますが、目の周りの被毛をカットする際に、愛犬が大人しくしていればいいですが、少しでも動いてしまうと、眼球を傷つけてしまう危険性があります。

目の周りをカットする際には、眼球を傷つけないように注意をしながら行いましょう。また、どうしてもできない場合にはトリマーにお願いするという方法もあります。

涙やけの手軽な取り方としては犬用の化粧水があります。
犬用の化粧水をコットンなどにしみこませて、優しく拭き取るようにしてあげましょう。ただ、長期間放置しておくと、取れない事もあるので、涙やけを核にしたら、すぐに取ってあげるようにしましょう。

また、ホウ酸水を使用しても効果的です。ホウ酸は弱酸性で、目に入ってしまっても問題がないので、安心して使用できます。
2%のホウ酸水をコットンなどにしみこませて、目の周りを拭いてあげるようにします。

2%のホウ酸水の作り方は、ホウ酸3gに対して60度くらいの精製水150mlに混ぜれば完成ですが、衛生的に2週間ほどで使い切るように量を調整しましょう。

まとめ

涙やけは、決して命にかかわるような病気ではないですが、愛犬にとっては不快感を常に抱くために、大きなストレスとなります。

涙やけを引き起こしている場合には動物病院での適切な治療も大切ですが、飼い主や家族としては変色した被毛を綺麗にする事ができるので、涙やけを確認したら、犬用の化粧水やホウ酸水などを使って綺麗にしてあげるようにしましょう。

【注目記事】ナチュロルとモグワン!値段や成分や口コミを徹底比較します!

大切な愛犬が「もしも」の病気にかかったら、どうしますか?

いつも家族やアナタを癒してくれる愛犬…。

でも、そんな大切な愛犬がもしもの病気にかかったらどうしますか?

ペットには公的な健康保険などなく、ワンちゃんが病気になった時の入院、手術、医療は100%自己負担です。

愛犬に大きな病気が見つかり何十万円もの費用がかかるとわかり途方に暮れる前に、獣医師が作ったペットの為の医療保険「ペット保険のペッツベスト」をお試し下さい。

ペット保険ランキング4年連続1位。まずは簡単お見積もり無料でお試しください。

おすすめの記事